2016.07.16 食と唄と愛の夜@トラットリア・シャント

今年ももう下半期。
2016年上半期は、プライベートでもお仕事でも、私にとって「初めて」の経験が沢山ありました。
そして、どうやらそれらは今年後半にも続いていくようです。

今回の“初めて”は、先日演奏させて頂いたトラットリア・シャントさん。
初めての場所であり、お店にとっても初の音楽のイベント、そして、初めて一人で
PA(音響装置)を持込み、音作りから演奏環境を作る、という事をやらせて頂きました。
レストランでお食事を楽しんで頂きながらの演奏、音が大きすぎないように、かと言って
BGMにはならないように・・と、色々試行錯誤しながらの音作りは、とても勉強になりました。

出てくるお料理たちは、旬のフルーツを使った創造性あふれるラインナップで(桃のパスタや鴨のカシスソースなどなど・・)なんとも美味しそう。

160716

そんな中での演奏は、ボサノバのスタンダードからサンバまで、曲のエピソードや私の想いなどを
お話ししながら、時にツッコミを頂き(笑)、耳を傾けて頂き、沢山のあたたかい拍手を頂き、
終始、和やかな雰囲気の中終了しました。
正に「マンジャーレ・カンターレ・アモーレ」(食べ・唄い・愛する)の空間。
この3つが揃った時、人は本当に幸せな気持ちになるんだと思います。生きる原点ですものね。
この演奏が、皆さまの、生きる幸せのお手伝いが出来ていれば。
お越し下さいました皆さま、有難う御座いました!
そして、このような機会を作って下さったシャントさん、有難う御座います!

いくつになっても、初めての事は緊張しますが、こうやって色々な事を経験させて頂けるのは
本当に有り難い事だなあ、と感じます。
そして、演奏をする度感じるのですが、ライブというのは、その場にいる全ての人たちで
創り上げていくものなのだな、と。
今回の演奏、私の中でまた貴重な経験となりました。
改めて、ありがとうございました!

保存

保存

ファーストアルバムつくりました!

この度、私の初アルバム『Meia-Luz』(薄明かり)が完成しました!
『夜とお酒に似合うボサノヴァ』のコンセプトの全7曲のカヴァー・アルバム。約2年の歳月をかけて、じっくり作った一枚です。

1月26日からライブ等での直接販売、3月1日からはAmazonBASEにて全国販売予定です。たくさんの方々の元へお届けできればと願っております。
どうぞよろしくお願いいたします! 阿部かよこ

Meia-Luz

PRCD-2019 / ¥2,160(Tax in)
2019.01.26 / Passarinho Records

2019年1月26日発売
2019年3月1日よりAmazonBASEにて全国発売予定
(流通:VIVID SOUND

  • Fotografia(写真) / Antonio Carlos Jobim
  • Samba e Amor(サンバと愛) / Chico Buarque
  • Quero-Te Assim(こんな風に) / Tito Madi
  • Maria Joana(マリア・ジョアンナ) / Sidney Miller
  • Cá Já(カ・ジャ) / Caetano Veloso
  • Pra Todo Efeito(プラ・トード・エフェイト) / Batatinha, Lula Carvalho
  • Here, There and Everywhere(ヒア, ゼア アンド エブリウェア) /
    John Lennon, Paul McCartney
Amazonで購入する Amazonで購入する BASEで購入する BASEで購入する
ウィンドウを閉じる