2016.11.22 私のこと

巷にFacebookやTwitterなど、とても便利なものが広まり、定着してきた頃からブログから
足が遠のいていました。
でも最近、意外とFBとかって広くて狭い世界なのかも・・と感じてます。
せっかく素敵なHPを作っていただいたので、またぽつぽつと、こちらでいろんな事を
書いていこうと思います。
そして、最初に何を書こう?となったので、私の自己紹介などを書いていきます。

私はブラジル音楽・ボサノバやサンバなどを中心に、ギターと歌で弾き語りをしています。
よく、『なぜブラジル音楽なの?』と質問されるのですが・・・う〜ん、何ででしょう。
細かく考えればキリがないのですが、決定的なものは“粋”と“サウダーヂ”でしょうか。
人の心の奥底の襞の、またその奥に隠れてるような、言語では表現出来ないような感情。
そこに届くような音楽に出逢ってしまった、と、そんな感じです。
あと、“言語フェチ”というのもあります。
詳しく書くと超長文になってしまうので、おいおい書いていこうと思います。
そんなブラジル音楽に魅せられて、演奏をするようになりました。

img_2638

料理をするのが大好きです。
料理を作る時って、右脳と左脳がバランス良く動いてる感じがします。
この材料で何を作ろうか、どのお皿にどう盛り付けようか、と考えるのは、想像力の右脳さん。
料理の段取りや手順、片付けなんかを担うのは、計算の左脳さん。
脳をフル回転させ集中してるので、日々の余計な悩みなど考える隙間が無いんでしょうね。
ぽかっと空洞になるような気がします。
何かで煮詰まってしまったりすると、この料理という作業は、頭と心のいい解放になります。
でも何より、美味しいものを作り食すというのは、私にとってとても幸せなことです。

img_2887

そして、趣味で絵も描きます。
歌というのは言葉があって、否が応でもそこに、失恋とか、希望とか、
あるストーリーが設定されています。
絵というのは、作者の何某かの意図はあっても、見る人それぞれの主観でOKな部分が多い気がします。
私は女性しか描かないのですが、私の頭の中にある物語や、その人物達を
言葉では無く、色や表情だけで表現するのは、難しくもうっとりとする時間であり、
表現の限界を感じて、う〜む・・と悲しくもなったりします。
でも、絵が完成すると、ようやく会えたなあ、という気持ちになります。

img_2211

私、とはこんな感じでしょうか。
演奏後記などと共に、今後は音楽のこと、お料理や絵についてなども綴っていきたいと思います。

ファーストアルバムつくりました!

この度、私の初アルバム『Meia-Luz』(薄明かり)が完成しました!
『夜とお酒に似合うボサノヴァ』のコンセプトの全7曲のカヴァー・アルバム。約2年の歳月をかけて、じっくり作った一枚です。

1月26日からライブ等での直接販売、3月1日からはAmazonBASEにて全国販売予定です。たくさんの方々の元へお届けできればと願っております。
どうぞよろしくお願いいたします! 阿部かよこ

Meia-Luz

PRCD-2019 / ¥2,160(Tax in)
2019.01.26 / Passarinho Records

2019年1月26日発売
2019年3月1日よりAmazonBASEにて全国発売予定
(流通:VIVID SOUND

  • Fotografia(写真) / Antonio Carlos Jobim
  • Samba e Amor(サンバと愛) / Chico Buarque
  • Quero-Te Assim(こんな風に) / Tito Madi
  • Maria Joana(マリア・ジョアンナ) / Sidney Miller
  • Cá Já(カ・ジャ) / Caetano Veloso
  • Pra Todo Efeito(プラ・トード・エフェイト) / Batatinha, Lula Carvalho
  • Here, There and Everywhere(ヒア, ゼア アンド エブリウェア) /
    John Lennon, Paul McCartney
Amazonで購入する Amazonで購入する BASEで購入する BASEで購入する
ウィンドウを閉じる