2023 6 / 18 (Sun)

P's Bar 【ポルトガル語でボサノヴァを歌おう♪Part.44】
~Doralice(ドラリッシ)~

東京都豊島区池袋2-60-6 キムスビル B1
080-9284-3919  H.P  Instagram

Open 13:30/ Start 14:00~16:00/ Charge 3000円(譜面・日本語ルビ付き歌詞・歌詞和訳の資料込)

阿部かよこ(歌とギター)/講師

ボサノヴァワークショップ、今回はドリヴァル・カイーミ&アントニオ・アウメイダの【Doralice(ドラリッシ)】をレッスンしましょう!

ブラジル音楽ミュージシャンのみならず、ジャズシンガーの方などでも良くピックアップされるこの曲、
かのボサノヴァの法王、ジョアン・ジルベルトが演奏し、とてもポピュラーになりました。
軽快なリズムところころと転がるようなポルトガル語歌詞。
あら、可愛い曲!と思いきや、『ドラリッシ、君と結婚しなくて良かったよ』なんて、ちょっとシニカルな内容(笑)。
こういう曲と歌詞のギャップも、ブラジル音楽の魅力のひとつですよね。

ちょっとアップダウンのあるメロディと、そこにぎゅっと詰まった言葉の多い歌詞は、自己流で練習するのは
ちょっと難しいかもしれません。
今頷いた方!ぜひWSにいらしてください!
みんなで楽しく練習していけば、必ず歌えるようになりますよ♬
初めてさんも大歓迎です!

ファーストアルバムつくりました!

ボサノヴァってどんな音楽でしょう?
カフェや静かなレストランで流れてるギターと小さな声の歌の音楽と言うと、ああ!とお分かりになるかもしれません。
それくらい日本ではボサノヴァは当たり前のように、私たちの日常に溶け込んでいます。

ボサノヴァは基本ギターと歌声で構成されている、とても小さな世界。
しかしその中には、ブラジルの歴史や壮大な自然、愛や人生など色とりどりの世界が広がっています。
そんなボサノヴァやサンバは、悲しい時も嬉しい時も人々の人生に寄り添ってきました。もちろん私の人生にも。

【サロン・ド・ボッサ】では、ギターやボーカル、弾き語りのレッスンを通して、皆さんにこの美しいブラジル音楽の世界を知っていただけたらな、と思います。
そしてレッスンだけでなく、音楽仲間と集ったり、好きな曲をシェアしあったり、発表会をしたり・・・ レッスンだけではなく、人と人がつながっていけるような、そんな場所になっていけたらという願いを込めて“サロン”という名前を付けました。

音楽との出会い。人との出逢い。
この音楽を通していただいた、宝石のようなものを皆さんとシェア出来たら。
私も皆さんにお会いするのを心より楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いいたします!

サロン・ド・ボッサ(SALON de BOSSA)
https://salon-de-bossa.com/

ウィンドウを閉じる