2018.01.23 2018年 遅ればせながらと初演奏atプラッサオンゼ

大変遅れ馳せながら、2018年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年の目標は何か、と考えたのですが、まず
【健康で仕事が出来る事】というシンプルなものでいいかなと。
それを踏まえて、どんどん流されていこうとも思ってます。
四角四面で強情な私は、どうしても「こうでありたい」や「こうあるべき」という考え方が強く、
なかなかに他者や時代、その考えを柔軟に受け入れ、変化していく事が苦手です。
それをゆっくりとでも変えていければいいのですが、思考が0⇔100を行き来してしまう傾向なのでどうも難しい。
だったら、ある意味100%に近い感じで流されてみればいいかも、と思いまして・・・
自分を持たないのでは無く、流されてる自覚を持ちつつあえて流されてみる。
健康な体と精神があれば、うんと流されても平気でしょうし。
最初から何かを拒絶してしまうより、まず受け入れて、それからじっくりと選別して
捨てたり拾ったり出来るようになりたいなあ、と思います。
お正月に引いたおみくじは大吉だったのですが、“色と酒に溺れれば最悪の結果が待っている”
とあったので、こちらも守るべく気を引き締めて進みます。

そんな2018年最初の演奏は、とてもお久しぶりのプラッサオンゼからでした。

この日は共演予定だったベーシストのコモブチキイチロウさんがインフルエンザ療養中の為おやすみ。
急遽、クロマチックハーモニカ奏者のマツモニカさんをゲストとしてお招きしました。
新年一回目、沢山の家族のような皆さんにお集まりいただき、温かい場となりました。
心より有難うございました!

今回、とても身近な方々がお越しくださって、ライブの後に貴重なご意見をいただけました。
私個人的にも自分に足りないものなどが明確にあり、「人前で演奏するって何だろう?」
と、また新たに考え直さなければ、と感じています。
音楽という、ある意味形として残らないものを表現していて、そこに人が集ってくれて。
その集ってくれた方々に、もっともっと違う形や違う視点からも、その音楽を
楽しんでいただける方法があれば、と。
先にも書いた通り、柔軟に色々なものを取り入れて試して試行錯誤してみなければ。
流されてぶつかる毎に、自分の角が取れていけば。
そして流された先に何が見えるのか。
そんな2018年最初の演奏でした。

ファーストアルバムつくりました!

この度、私の初アルバム『Meia-Luz』(薄明かり)が完成しました!
『夜とお酒に似合うボサノヴァ』のコンセプトの全7曲のカヴァー・アルバム。約2年の歳月をかけて、じっくり作った一枚です。

1月26日からライブ等での直接販売、3月1日からはAmazonBASEにて全国販売予定です。たくさんの方々の元へお届けできればと願っております。
どうぞよろしくお願いいたします! 阿部かよこ

Meia-Luz

PRCD-2019 / ¥2,160(Tax in)
2019.01.26 / Passarinho Records

2019年1月26日発売
2019年3月1日よりAmazonBASEにて全国発売予定
(流通:VIVID SOUND

  • Fotografia(写真) / Antonio Carlos Jobim
  • Samba e Amor(サンバと愛) / Chico Buarque
  • Quero-Te Assim(こんな風に) / Tito Madi
  • Maria Joana(マリア・ジョアンナ) / Sidney Miller
  • Cá Já(カ・ジャ) / Caetano Veloso
  • Pra Todo Efeito(プラ・トード・エフェイト) / Batatinha, Lula Carvalho
  • Here, There and Everywhere(ヒア, ゼア アンド エブリウェア) /
    John Lennon, Paul McCartney
Amazonで購入する Amazonで購入する BASEで購入する BASEで購入する
ウィンドウを閉じる