2017.03.06 反対のことをやってみる

何か新しいことを始める時、皆さんはどう感じますか?
「よーし!楽しみだ。わくわくするなあ。頑張るぞ!」でしょうか。
「どうしよう・・不安だな。出来るかな、失敗しないかな」でしょうか。
たぶん、両方の気持ちを行ったり来たりするんじゃないかな、と思います。
私は圧倒的に後者の気持ちに支配されます。
そもそも、“完璧に”やろうと、頭の中で想像したりシュミレーションしてこねくり回し、
それだけでもう疲れてしまい、新しいことを始める一歩まで恐ろしく時間を要してしまいます。

初めてのこと、つまり、今までやって無かったことに挑戦するのは、不安がいつも付き纏います。
何故か?
経験が無いからです。恐怖が不安を呼び寄せて、ぐるぐる雪だるまの様に大きくなってしまいます。
みんな出来てるのに、自分だけ出来なかったらどうしよう、とかね。
そんな感情が怖くて嫌で、“自分が出来ること”だけを見てたような気がします。

でもそんなある時、私はふと考えました。
“今、自分が立ってる場所、それは何がどうであれ、自分が選択してきたものなんだ”と。
私はその時、あまり自分の現状に満足してませんでした。でも、それも自分の選択の結果。
だとしたらどうしようか?
“そうだ、今まで自分がやったこと無い、選択して来なかったことをやってみよう”と思ったのです。
それは、楽しいのかも、の気持ちと共に、とても怖いことでした。私には。

やってこなかった事に踏み込む時、やはり今でも上に書いたような気持ちになります。
だけど、皆最初は初めてで、私と同じように不安な気持ちだったろうし、
その現場で先輩に当たる方も、【私】という人間と接するのも初めてなんだから、
あちらも緊張して様子を見てるんだろうな・・と思うと、何かが楽しくなるには、
人と近づくには、まず時間が必要なんだ、とゆとりが持てる様になりました。
アドラー心理学で、【人生を難しくする人の特徴として、“待てない”というのがある】
とありましたが、本当にそうだなーと、今、感じます。(今更ですが)

昨日、ボサノバワークショップで、参加者の方から「この曲、あまり好きじゃなかったんですけど、
今日レッスンして好きになりました!」という、とても嬉しいお言葉をいただきました。
知らなかった事を少しでも知る事によって、気持ちは変わっていくものなんですよね
嫌いが好きに、自分はこう、から、あなたはどう?に。

辛いこともから逃げるのも、誰かに頼るのも、頑張り続けてしまうのも選択の1つ。
ただ、無数にある選択の1つなんだと思います。
その選択肢を増やせば、色々な考えや道がある事に気がつくのかもしれません。
ぽつんと1つの引き出しを頑なに守って、自分の物差しで何かをジャッジするより、
沢山の選択肢の中から自分の、その時好きなものをチョイスしていければいい。
どれも自分なんですから。

このワークショップも、私には初めての体験。
本当に始めて良かったと思ってます。
背中を押してくれた方、そして、勇気を持って踏み出した
自分や参加者の皆さんに感謝して。