2017.02.09 冬のカーニバルと春の予感

2月のはじめの演奏はP’s Barから。
この日は冬のような春のような、嵐の日でした。
週の初め、そして悪天候の中をお越しくださった皆さまに、心からありがとうと感謝を。
ありがとうございました。

私の大好きなミュージシャンお二人との共演。
須古さんのギターはどこまでも優しく温かく、マツモニカさんのハーモニカはどこまでも
自由で甘く切ない。

2月、ブラジルではカーニバルの始まる季節。
今回の演奏はサンバ、カーニバルをキーワードに選曲してみました。
このユニットでは、私はしばしばギターを置いて歌だけ演奏します。
弾き語りだと、どうしても分散してしまう耳や体。
この時はお二人の音を聴き、添えるように、交われるようにとぐっと集中します。
シコ・ブアルキの“SAMBA E AMOR”は、須古さんとマツモニカさんの真骨頂だったのでは。
美しく気怠く、沈み込むような重力と静けさがありました。

お客様は、サンバで揺れたり、コーラスで参加してくださったり。
そんな素敵な皆さんに囲まれて、幸せで楽しい時間を共有出来ること、本当に幸せです。
アンコールは春を待ちわびる気持ちを・・と思い、“Trevo de 4folhas”(四つ葉のクローバー)というマルシャの曲を用意してたのですが、急遽変更(笑)
やはり春の予感を歌った“Chovendo Na Roseira”(薔薇に降る雨)にしました。
なんだか、こちらの曲の方がこの日の天候にしっくりくる気がして・・・

そしてこのユニットは、アフターアワーも充実!
リラックスしてビールを呑みながら、またしても音の輪が出来ていきます。
次回は3/28(金)、ぜひこの楽しいユニットを聴きにいらしてください。